株取引に参入する個人投資家が増えた現在、株取引を利用して獲得しようとする利益の形には大きく分けて3つの種類が存在しています。
1つは株価の変動による差益の獲得ですが、長期保有にある高配当金を利益の柱として考えている投資家も多く存在しています。
あるいは株式会社の一部が行っている株主優待でもらえる商品を目的に株式を保有していると言う株主も増加傾向にあります。
株主優待を中心に考えて株式投資を行う人には主婦等を中心とする個人投資家が多いと言われています。
そのような個人投資家に魅力を感じてもらえる株主優待には実に様々な種類が存在しており、投資家の一部を楽しませてくれています。
そのため、低位株でも人気のある株も多く存在します。

株主優待には様々な種類が存在していますが、最も一般的であると考えられているのは自社製品を優待商品として配布する仕組みを採用しているケースです。
つまり自社製品を株式の配当とは別に準備する仕組みを採用している企業が存在しているのです。
食品会社などでは新製品等を株主に対して優待商品として配布するケースが少なくありません。
企業戦略を知ってもらったり、商品の宣伝を兼ねて自社製品を配布すると言う事は、その会社の商品のユーザーにとっては非常に魅力的な株主優待であるといえます。

製造業のように一般の個人投資家に自社製品を配布しても喜ばれない事業を行っている場合においてはクオカードや商品券のような金券を株主優待として配布するケースもあります。
配当金とは別に金券配布を行うということにより個人投資家の求めるお得感をアピールしようとするのが株主優待の考え方の1つとなっているのです。
金券以外にもサービスの利用券などを提供するケースもありますし、お米などの生活必需品を配当とは別に支給する選択肢を取る株式会社も登場してきています。
どの株主優待がいいか選べない人のための株主優待のおすすめがわかるサイトなどもありますので調べてみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい記事