株主優待で投資家を集める企業戦略

株式会社の中には決算の際に株主に対して優待商品を配布すると言う戦略を採用している企業が少なからず存在しています。
基本的に株式投資を行う人は、何らかの利益を期待して資金を投資するのが一般的です。
かつては大口の個人投資家や機関投資家が大半を占めていましたので配当金をしっかりと支払うことが株式会社にとって重要なテーマでした。
しかしながら現代社会のように個人投資家が多く参入するようになったことを受け、幅広く株主を確保するために優待を導入する企業が増えています。

優待をもらう権利は比較的少ない株式の保有でつの権利を受けることができます。
株主優待目的で株式を保有する個人投資家が増加傾向にあるのはそのためです。
できるだけ多くの人に壁の人なってもらうことにより株価が安定を目指そうとするのが株式会社の考え方になってきているのです。
魅力的な株主優待を定期的に行うことができると言う事は、多くの個人投資家を集めることにつながると言えます。
株主の幅を広げると言う事は株式会社のメリットにもつながるためこのような戦略をとる企業が増加傾向にあるのです。

株主優待として採用されやすいのは自社製品です。
食品会社などでは自社製品の中からいくつかの商品を選択して優待として配布する仕組みを採用している企業が多くなっています。
配布して喜ばれるような自社製品が存在していない企業の場合にはクオカード等の金券を配布するケースもあります。

あるいはレジャーなどのサービスを優待として配布するケースも増えてきています。
いずれにしても株主個人がその恩恵を受けることができる魅力的な株主優待を検討する企業が増加傾向にあるといえます。
最近では株主優待から株式を比較検討するという考え方も生まれてきています。

あわせて読みたい記事